ゲンキの時間で夏の便秘改善法のやり方を吉汲祐加子さんが紹介!

健康
Medical illustration of Colorectal Cancer - Polyp
この記事は約2分で読めます。

<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

2023年8月20日放送のゲンキの時間で夏の便秘改善法のやり方について紹介されました!

教えてくれたのは、医学博士の吉汲祐加子さんです。

Sponsored Link
 

夏の便秘改善法

夏の便秘改善法の効果の理由

便秘が重症化すると、腸内の憩室が出血し
最悪の事態に陥ることもあります。

夏の便秘改善法のやり方

1)朝、1杯の炭酸水を飲むようにします。
胃が空の状態で炭酸水を摂ると大腸が
刺激されて動き出します。
2)発酵性食物繊維を取り入れます。
腸内細菌に分解され発酵する際、酪酸
などの短鎖脂肪酸が生み出されます。
すると、酪酸などが腸の活動のエネルギー
となり蠕動運動を活性化し悪玉菌の増殖を
抑えます。
穀物や根菜類などの茶色の食品を摂る
ようにします。玄米、もち麦、大豆、ごぼう
玉ねぎなどです。
3)お腹ひねり体操
足を肩幅ほどに開き、体を左右に20回ひねる
動きを食後などに行います。
4)腸もみ体操
①太ももの付け根に手を当て、上下にさすります。
②へその左側に手を当てて上下にさすります。
③おへその左右に手を当てて上下にさすります。
これを1か所あたり1分、合計3分の体操を朝起きた
時や夜寝る前などに行います。

まとめ

便秘は怖いですね。
早速、実践してみたいと思います。

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました