浜田省吾の名曲からラブソング3曲を紹介!お父さん応援SONGも!

エンタメ
この記事は約3分で読めます。

今回は、浜田省吾さんの名曲から、特にラブソングに絞って紹介します。

私も浜田省吾さんのファン歴30年近くになりますが、現在も相変わらずパワフルに活躍されているみたいですね。

浜田省吾さんのラブソングは数多くありますが、その中から私の独断と偏見でピックアップさせて頂きました。

それでは、いってみましょう~

Sponsored Link
 

「ラストダンス」”もう一度踊っておくれ、このままで”

まず、最初のラブソングが「ラストダンス」です。

この名曲は、最初のライブで聴きました。

確か、ライブも終盤だったと思います。

この歌を聴いていると、なんとも切ない気持ちになるんですよね。

もうすぐライブも終わってしまうという気持ちと、歌詞の世界に引き込まれて、やり直したいけど、やり直せない。

という二つの感情が入り混じった複雑な気持ちです。

そして、

「もう一度、口づけおくれ、このままで」って、

想像したら、心にグッと来ちゃいますね。

そんな、ラブソングです。

「片想い」”あの人のことなど、もう忘れたいよ”

次にご紹介するラブソングは「片想い」です。

この名曲は、「ON THE ROAD FILMS」で視聴できます。

とても切ないラブストーリーですけど、誰しも一度は経験があるのではないでしょうか。

心にグッとくる名曲です。

Sponsored Link
 

「もうひとつの土曜日」”受け取ってほしい、この指輪を”

そして最後のラブソングは、「もうひとつの土曜日」です。

こちらも名曲ですね。

私は、この曲もライブで聴きました。

やっぱり生で聴くのが最高ですね。

アコースティックギターの音色がたまらないですよ。

歌詞の内容は、ちょっと複雑な人間関係なんですけどね。

最後にプロポーズをしちゃうんですよね。

私には、決して真似のできない行動力ですね。

Sponsored Link
 

まとめ 「I am a father」”前だけ見てすすむ”

おまけで、お父さん応援SONGをご紹介します。

この曲は、「I am a father」です。

チャンピオンでもリーダーでもないお父さんが、家族のために日々頑張ってるっていう歌なんですよね。

このミュージックビデオを見るたびに、私が単身赴任をしていたころを想い出します。

ちょうど、子供たちは小学生と幼稚園生でした。

そんな子供たちは、もう社会人になってしまいました。

時の流れは早いものです。

私が初めて浜田省吾さんのライブに行ったのが、確か1994年だったと思います。

横浜アリーナでした。

当時、結婚したばかりで嫁さんと行きました。

私は、浜田省吾さんの歌声を聴いた瞬間に虜になってしまいました。

渋くて、心にグッとくる「声」にやられましたね。

あなたにも、機会があれば是非ライブに行って頂きたいですね。

ということで、まだまだ、たくさん名曲がありますので、これをきっかけに浜田省吾さんにハマってもらえると嬉しいです。

それでは、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました