木村佳乃の父親の職業は?東山紀之との馴れ初めや子供についても調査

スポンサーリンク
エンタメ
この記事は約7分で読めます。

<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

長年女優として活躍され、近年ではバラエティー番組でのぶっ飛び振りも好評な木村佳乃さん。

綺麗なだけでなく、上品さや気品さを感じるのも人気の一つかもしれませんね。

そんな木村佳乃さんですが、実はご両親の職業が凄いと話題になっているようです。また、東山紀之さんと結婚されていますが、どのような生活を送っているのでしょうか。

今回は、そんな木村佳乃さんのご両親のお仕事、東山紀之さんやお子様との家庭生活について調査してみました。

Sponsored Link
 
スポンサーリンク

木村佳乃さんの経歴

まずは、木村佳乃さんのプロフィールを紹介します。

  • 名前:木村佳乃
  • 生年月日:1976年4月10日
  • 出身地:東京都
  • 身長:167cm
  • 血液型:A型
  • 所属事務所:トップコート

木村佳乃さんは、成城学園初等学校を卒業し中学時代の3年間は、お父様の仕事の都合でニューヨークで過ごしていました。

その後、日本に戻り成城学園高等学校を経て、成城大学文芸学部英文学科に進学しましたが、中退しています。

アメリカで過ごした中学時代に初めて馬に乗った木村佳乃さんは、そのころから馬術部に憧れ高校時代はその馬術部に所属したそうです。

成城学園高等学校在学時より読者モデルとして活動を開始し、1996年の20歳のときにNHKの「元気を上げる救命救急医物語」でドラマデビューを果たします。

翌年の1997年には「失楽園」で映画デビューし、この作品で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞すると以降は多くの作品で活躍します。

NHKの大河ドラマや連続テレビ小説にも多く出演し、日本を代表する女優の一人となります。

2007年に公開された映画「さくらん」では、激しい濡れ場を披露するなどの新しい一面も見せ、同年の世界のホラー映画の巨匠13人が共作する「マスターズ・オブ・ホラーシリーズ」の「ドリームクルーズ」に出演しハリウッドデビューも果たしています。

テレビアニメやゲーム、映画の吹き替えや舞台でも活躍されており、CMに関しては1996年の初出演から現在に至るまで、ほぼ出演していない年がないほどで木村佳乃さんの人気がうかがえますね。

スポンサーリンク

木村佳乃さんの父親の職業は?

デビュー当時は清楚なお嬢様のイメージで、現在も上品な佇まいの木村佳乃さん。

そんな木村佳乃さんのご両親ですが、お父様は日本航空の幹部役員で、お母様は日本航空の元キャビンアテンダントです。

日本航空の幹部となると、かなり裕福な家庭と想像できますが木村佳乃さんは1976年にイギリスのロンドンで誕生し、実家は東京都世田谷区の成城にあるという紛れもないお嬢様です。

成城学園初等学校からエスカレーター式で成城大学まで進学した木村佳乃さんは、成城大学文芸部英文学科で英検準1級の資格も取得。

成城学園初等学校を卒業している年齢が近い有名人は、歌手の森山直太朗さんや俳優の小澤征悦さん、モデルの平子理沙さんなどがおり、成城学園高等学校を卒業している主な著名人には、羽田孜元内閣総理大臣、指揮者の小澤征爾さん、俳優の田村正和さん、高嶋政伸さんなどがおり、どんな学校なのかが見えてきますね。

木村佳乃さんは英語が堪能なことでも有名ですが、13歳でアメリカに渡った当時は全く話すことができず、英語の習得をするためにメイン州のキャンプに参加し英語漬けの毎日を送ったそうです。

そんな木村佳乃さんは、デビュー後の高校2年生の時には日本航空のCMにも出演しています。

Sponsored Link
 
スポンサーリンク

東山紀之さんとの馴れ初めや子供との関係は?

木村佳乃さんは、2010年10月23日に少年隊の東山紀之さんと結婚されています。

お二人は、2008年の舞台「さらばわが愛、覇王別姫」で共演したことをきっかけに、交際をスタートしたそうで、思ったことをズバッというタイプで潔い性格の木村佳乃さんに東山さんが惚れ込んだそうです。

その後、2011年11月に第一子となる長女、2013年5月に第2子である次女が誕生し、噂では2人とも木村佳乃さんと同じ成城に通っているのではと言われています。

長女は小さい頃からパパッ子でトイレも着替えも全部東山さんが担当していました。

それでも木村佳乃さんが、ドラマの撮影の為しばらく家を空けることになった際には、当時2歳だった長女が初めて「寂しい」と言ったそうで、その時木村佳乃さんは「子供に寂しい思いをさせてまでやる仕事だ」と女優という仕事に対し改めて気合が入ったと語っていました。

また、休日には子どもたちと映画を観に行くのが楽しみの一つだそうで、「なんでママはいつも悪役ばかりなの?」と聞かれたりするそうです。

Sponsored Link
 
スポンサーリンク

木村佳乃さんは「イッテQ」で大活躍

木村佳乃さんは、運動神経抜群で自他共に認める体育会系です。

馬場馬術でインターハイにも出場経験があります。さらに関係者から聞こえてくる木村佳乃さんの評判は、性格がとにかくよくて男前な上に気さくで気配りのできる女性だそうです。

そんなところに東山さんも惚れたのかもしれませんね。

さらに一般視聴者からも好感度が高く、ママ友になりたい女優ランキングでは1位を獲得したこともあります。

2019年9月11日放送の「ホンマでっかTV」では、木村佳乃さんの性格を分析する1幕があり、脳科学研究者の沢口利興さんが木村佳乃さんに面と向かって「大きらい」と言い放ちますが、木村佳乃さんは怒る様子も素振りも全くはありませんでした。

これについて沢口さんは、「他人の言動に好奇心を持ってる人間は、怒りの感情が湧きにくい」と分析。

さらに木村佳乃さんは、天然エピソードが多数あり、MCを務めていた「発見なるほどレストラン」では天ぷらを作っている時に「今すぐこの油に手を突っ込んで食べてみたいっ」と突拍子もない発言をしたり、イモトさんのお宅に子どもと一緒にお邪魔した際には、はしゃいで走り回っていた子供に対して、「家の中で走らない、せめて早歩き」なんて独特な注意をしていたとか。

また、スカートをはき忘れて外出したことがあるなんていう話も、とてもしっかりしてそうな見た目とのギャップがさらなる好感を生んでいるようです。

木村佳乃さんは、かねてからファンだったというバラエティ番組「世界の果てまでイッテQ」に出演し、女優とは思えない活躍ぶりで視聴者を驚かせました。

女性芸人とのガチ相撲に始まり、蛾の炒め物などゲテモノを食らい、ヘッドカメラをつけてのバンジージャンプにも挑戦、さらに熱湯風呂に入ったり、AKBのコスプレをして踊るなど、芸人顔負けの大活躍で見事に笑いをとり一部の女性芸人より有能かもといった声があがるなど大変好評でした。

木村佳乃さんが「世界の果てまでイッテQ」に出演するようになったきっかけは、子どもたちが「もっとテレビに出ているママが見たい」と言ったからだそうで、その思いに応えバラエティ番組にも進出した木村佳乃さん。

東山さんも賛成しバラエティ番組出演を応援してくれたそうです。

一流女優であり、お嬢様育ちの木村佳乃さんですが、そんなことは微塵も感じさせず常に全力の暴れっぷりは流石です。

木村佳乃さんが、大河出演のために「世界の果てまでイッテQ」出演をお休みすることになった際には、多くの視聴者から悲しみの声がありました。

「大河が終わったらまた世界の果てまでイッテQに出てください」というラブコールも寄せられていました。

日本を代表する女優の木村佳乃さん。家庭環境や学生時代を改めて知ると、木村佳乃さんから感じるその上品さや気品は納得という感じかもしれませんね。

その反面で、バラエティ番組で見せてくれる突き抜けたキャラクターは、別の一面のギャップを見ることができて、人気が出るのも頷けますね。

これから木村佳乃さんのドラマやバラエティなど、色々なジャンルでのご活躍を楽しみにしています。

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました