杉浦太陽の年収と収入源を徹底調査!イクメンパパも格差婚で離婚危機?

エンタメ
この記事は約6分で読めます。

今回は、10代で芸能界デビューしてウルトラマンコスモスの主役を演じた杉浦太陽さんについてお話しします。

杉浦太陽さんは、私生活では家事や育児に進んで参加するイクメンとして人気を集めていますね。

そんな杉浦太陽さんの驚きの年収や、子育てで気をつけていること、さらには過去の離婚の危機などについても調べてみました。

Sponsored Link
 

杉浦太陽さんの年収は3000万円で収入源はブログ

まずは、軽くプロフィールをご紹介します。

  1. 本名:杉浦太陽(すぎうら たかやす)
  2. 生年月日:1981年3月10日41歳
  3. 出身地:大阪府寝屋川市
  4. 身長:177 CM
  5. 血液型:A型
  6. 職業:俳優、タレント

杉浦太陽さんは、1998年のドラマ「おそるべし音無可憐さん」でデビュー。そして、2001年にはウルトラマンコスモスで主演を務めてブレイクしましたね。

デビュー当時は、本名の「たかやす」で芸能活動していましたが、2002年に傷害罪と恐喝罪の容疑で東京都にある自宅で大阪府警に逮捕されましたが、後に誤認逮捕だったことがわかりました。

このことをきっかけに、太陽と改名したそうです。そんな杉浦太陽さんは、映画やドラマに出てはいましたが、ウルトラマンコスモス以降のヒット作は、あまりないように感じます。

2007年に元モーニング娘の辻希美さんと結婚し、一時期は辻さんとの収入の格差に「格差婚」とも言われていました。そして杉浦太陽さんは、主に料理番組に出演されています。

杉浦太陽さんの番組出演や、その他の芸能活動のギャラは平均1時間で約20万から70万あたりだと言われています。

奥さんの辻さんは、元モーニング娘ということもありギャラはもう少し高いようです。また、その他プロデュース業やママタレとしても活躍しているので、年収はおよそ7000万くらいではないかと言われています。

しかし、杉浦太陽さんは仕事が少ないにも関わらず、年収がすごいと言われる理由を調べてみると、テレビの仕事はローカルやNHKが中心なので売れっ子と言えるほど多くはありませんが、杉浦太陽さんの年収は2千万円前後はあると噂になっていました。

その理由は、メディアの仕事ではなく個人で開設しているブログだそうです。多くの芸能人が利用しているAmebaブログは、一般人が思っている以上の収入があると言われていて閲覧数から推定すると杉浦太陽さんは100万円前後の月収があるそうです。

アフィリエイトを使い副業としてこれだけの収入があれば、年収としてはブログだけで一千万を超えているだろうと言われています。

全体の部門でもトップ3に入る人気ブログなので、もっと収入があるかもしれません。また、2019年5月には流行に乗って奥さんの辻さんとYouTubeにチャンネルを開設していて、ブログだけではなく動画投稿でも収入を得ることに成功しているようですね。

このことから考えると杉浦太陽さんの年収は、広告収入を含めれば約三千万円程有る様で、辻さんの収入を足すと1億を超えているそうです。

杉浦太陽さんは理想のパパランキングで1位

そんな杉浦太陽さんの育児に関する話もありました。

結婚した当時は、辻さんが二十歳ということもあり自分がしっかりしなくてはと思ったそうで、父親としての自覚を作るために育児本を読んでいたそうです。

杉浦太陽さんは、辻さんとの間に生まれた大切な子供を育てるのが子育てであり、夫婦で協力し合うことで父親を楽しむべきなのだと話していたそうです。

子育てでは、子供の逃げ道を無くしてしまわないように気をつけているそうです。悪いことはきちんと教えなければいけないのですが、子供の主張にも耳を傾けることが大切なんだそうで親のエゴを一方的に押し付けることはしないそうです。

子育てはまだまだ勉強中という杉浦太陽さんですが、イクメンオブザイヤーとして子育てに関連するトークショーや講演会にも引っ張りだこの毎日なんだそうです。

人気タレントとして多忙な日々を送る二人は、お互いにサポートし合いながら子育てや家事に奮闘しているそうで、女子中高生が選ぶ「理想の有名人夫婦」の1位に輝いたことから10代の女性にとっては憧れの夫婦像と言われているそうです。

Sponsored Link
 

2度の離婚危機を乗り越えて

しかし、そんな二人にも離婚の危機があったようで、結婚3年目と5年目に2度離婚の状況に陥ったそうです。

最初の危機は、辻さんがママタレントとして人気が出た頃のことだったようで、ブログのアクセス数に圧倒的な差が開き、杉浦太陽さんは「辻ちゃんの旦那さん」と呼ばれるように。

そうした世間一般の認識は、家庭にも影響し夫婦の間に距離感が生まれてしまったそうです。しかし、杉浦太陽さんは辻さんの誕生日にサプライズや旅行などで距離感を縮めようと努力したそうで、その甲斐あって夫婦仲は元通りになったそうです。

2度目は、辻さんの育児ストレスによる喧嘩の激増だったそうです。

辻さんにしてみれば、しっかりした母親にならなければという思いから、妻として杉浦太陽さんに甘えることができなくなっていたのかもしれません。

夫婦仲が再び悪くなり始め大ゲンカの末に杉浦太陽さんが家出したそうです。そして、冷却期間を置いて話し合いをしたところ、お互いに相手の不在を寂しく感じていたそうです。

現在では、相手の悪い部分も受け止められるようになったようで、「意図が伝わらずに誤解して不穏になることもある。それを繰り返しながら絆を深めていくのが夫婦だと実感しています」と話していました。

Sponsored Link
 

結婚15周年目で水晶婚

そんな杉浦太陽さんと辻さんは結婚15年目を迎えるそうで、現在は一女三男と4人の子どもを育てています。

夫婦の歩んできた道のりと家族の形、そして今後の人生についてのインタビューで、

一番上の子はこの春から中学3年生で下の子は3歳です。今でこそ僕も4児の父親としての自覚を持てるようになりましたが、新婚時代は遊び歩きたくてすごくつらかった思い出があります。

妻が風邪をひいているのにも関わらず、友達と飲み歩いてしまい、機嫌を損ねた経験も。今なら”駄目だろ”って思いますけど。でも、そういう時代は確かにありました。僕が31歳の時に妻が倒れてICUに入った時には、生きた心地がしなかったです。

無菌性髄膜炎という病気だったのですが、よりによって自分がMCを務める番組の地方ロケで僕が不在にしている時だったんです。電話口で先生から「覚悟しておいてください」と言われて頭が真っ白になりました。

もちろん治って欲しいと祈りました。それでも同時に子供の事、今後の事を真剣に考えてしまった。妻が戻ってくると信じながら先のことも意識しなきゃいけないという極限状態を経験しました。と話していて、また僕たち夫婦のこの先についても考えさせられました。

僕だったら妻に痛い辛い治療やめたいと言われたら、もうやめていい、あとは穏やかに過ごそうって言ってしまいそうな気がします。こればかりは正解がないことだから難しいですね。

妻の看取りはしたくないとも強く思いました。考えただけでも言葉では言い表せないくらい辛い、死ぬのは僕が先がいいです。

でも、僕たち夫婦にも何れ引き裂かれる日は来る。それまで夫婦でどのように生きていくのか一日も無駄にはできないなと強く思って、目頭が熱くなりました。

と話していました。

現在では、辻さんと一緒に家庭菜園をしているようで、また農業を通じて子どもたちにも食べ物の大切さを伝えたいと話しているそうです。

これからも素敵なイクメンの杉浦太陽さんの活躍を応援していきたいと思います。

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました