山口智充(ぐっさん)がテレビ出ない理由は?ダウンタウン不仲説を調査

エンタメ
この記事は約7分で読めます。

「ぐっさん」の愛称で親しまれ、バラエティ番組などで大活躍していた山口智充さん。

そんな人気者のぐっさんが、現在干されている説が飛び交っています。

今回は、ぐっさんがテレビに出ない理由や、ダウンタウンや相方との確執について調査しました。

Sponsored Link
 

山口智充(ぐっさん)がテレビ番組から消えた

ネットでぐっさんと検索すると、「消えた」「干された」と表示されますが、本当なのでしょうか。

ぐっさんは人気芸人でしたが、いつからかテレビで見る機会が減りました。

そのため世間から、「消えた」「干された」と噂されるようになります。

ここ最近ぐっさん見なくなったけど、消えちゃったよね」「昔はレギュラー番組も多かったけど、本当に見なくなった

このような声は、2009年以降から大きくなってきました。では、なぜぐっさんは干されたと言われるようになったのでしょうか。

レギュラーとして「リンカーン」に出演していたぐっさん。火曜日22時からTBSで放送されていた人気バラエティー番組で、人気メンバーとして出演していました。

しかし、2009年あたりから急遽出演がなくなってしまい、多くの方が「何かが起こったのでは?」と感じたようです。

そんなぐっさんを心配した視聴者からは、「ぐっさんに何があったの?」「ぐっさんが降板したの?」という声がたくさんあがりました。

また、リンカーン降板後はテレビ番組で見る事が減る一方、いわゆる「干された」状態になってしまったぐっさん。その理由を確認していきましょう。

山口智充(ぐっさん)がテレビに出ない理由はダウンタウンと不仲だから?

ぐっさんがテレビに出ない理由一つ目は、「ダウンタウンとの不仲説」です。

ぐっさんは、リンカーンのレギュラーとして単独コーナーも持っているほど活躍しているメンバーでした。

ですが、メンバーが出演を辞める場合、何かしら送り出すコーナーがある番組が多いです。

そのようなものもなく、番組から突然姿を消したことからこのような噂が出ました。

実際は多忙なスケジュールのため、この件についてぐっさんが、「リンカーン」に出なくなった理由は、スケジュールの関係と言われています。

当時のぐっさんは、「にじいろジーン」などでMCを務めるなどの人気芸人だったので、忙しかったのは事実でしょうね。

なので、ダウンタウンとの不仲説は、ただの噂だった可能性が高いと思われます。

また、2020年4月にぐっさんとダウンタウンは共演をしています。実際に番組では仲良さそうに話されていたようで、スケジュールの問題があったのかもしれませんね。

Sponsored Link
 

テレビに出ないのは相方との確執によるコンビ活動休止のため

ぐっさんは元々、平畠啓史さんと「DonDokoDon」というコンビを組んでいました。

そんな中、当時大人気だったバラエティ番組「ワンナイ」に出演していたぐっさん。

歌番組の中で宮迫博之さんと「くず」というユニットを結成し、注目され始めます。

そして、「ムーンライト」「全てが僕の力になる」などの曲を出し、高い歌唱力とキャラクターで大人気となりました。

そのためソロ活動が増え、相方の平畠啓史さんとの活動が少なくなり、コンビでの活動休止が発表されました。

世間の方はそんなぐっさんについて、こうコメントするようになりました。

「実際は不仲や確執ではなく、芸に対するこだわりの違いで二人の間に埋められない溝が生まれたそうです」

Sponsored Link
 

家族との時間を優先して仕事をセーブしたから

三つ目は、ぐっさんが家族との時間を大切にしたいからですね。

芸能人の仕事は拘束時間も長いため、なかなか家族との時間が過ごせないと言われている芸能人の方もいらっしゃいます。

そのため、ぐっさん自身が仕事をセーブした可能性はありそうです。

視聴率が取れないからテレビに出ない?

四つ目は、視聴率が取れないという報道がされて、イメージがついてしまったからですね。

テレビは視聴率を取れる人が起用されるため、「ぐっさんを使うのはどうなのか?」という声が現場で広まってしまった可能性もあります。

しかし、山口智充さんの現在のレギュラー番組は、テレビ6本、ラジオ1本です。オフィシャルサイトのメディア情報に、レギュラーとして載っています。

ナレーションや特番のレギュラーもありますが、普通にたくさんの番組にご出演されていますね。

また、2020年には俳優として映画「鬼ガール」という作品にもご出演されています。

コロナの影響によって中止や開催延期が続いていますが、2019年から2021年にかけて全国50カ所のライブツアーも計画されていました。

このうち、ご出演されているレギュラー番組の中から、いくつかピックアップしてもう少し詳しくご紹介しましょう。

2003年に始まった東海テレビの「ぐっさん家ザグッドサンハウス」名古屋のローカル番組で、東海3県の様々な場所を山口智充さんが散策するこの番組。毎週土曜日の18時30分から19時に放送されているのですが、かなりの人気番組なんだそうです。

具体的には、2桁視聴率を頻繁に獲得し、2013年には17.5%という高視聴率も記録しました。山口智充さんの素の表情が見られる番組なんだそうです。

出典元:www.bs-asahi.co.jp「魚が食べたい」

2020年に始まったBS朝日の「魚が食べたい」は、”地魚探して三千港”がキャッチフレーズで、毎週水曜日の21時から22時に放送されているそうです。

山口智充さんは2022年現在、多くのテレビにご出演されていることがわかりました。

テレビに出ないと思われたのは地上波レギュラーが無くなったから

では、なぜテレビに出なくなったと思われているのでしょうか。

私も実際、調べてみるまではテレビで殆ど見なくなったと思っていました。

結論から言うと、原因は主に二つある気がしています。

一つは、全国地上波のレギュラー番組がなくなった時に、そのことが報道されたこと。

もう一つは、実際に全国地上波のテレビ出演回数が減ったことです。

これら二つが合わさり、山口智充さんがご出演するローカル番組が放送されない地域では、テレビに出なくなったと思われているのではないでしょうか。

山口智充さんの耳にも「テレビで見なくなった」という話は届いているようです。

では、ご本人はそう言われることをどう思っているのでしょうか。2020年3月頃のインタビューでお話されていた内容は下記の通りです。

「それに対しての抵抗はないです。探してもらえれば僕の活動はちゃんと分かりますから。音楽の世界でも、ヒットチャートに入っていない人が活動していないかというとそんなことはないどころか、日本武道館でライブをやっていたりするじゃないですか。僕の場合も、今はローカル番組でやりたいことをやっているというだけです

加えて言うと、2010年4月24日のテレビ「ダウンタウンなう」に出演された時も、関連するお話をされています。

こちらでは、「全国地上波のレギュラー0本になったことをどう思うか」という質問でした。

これについて山口智充さんは、「自分から別に降りるって言ったわけでもないので、出演依頼が来てない以上はできないですね」と説明しています。

また、「焦りないですか?」と僕ら聞かれるじゃないですか。「仕事なくなったことに不安は?って。全くないんですよ」と意外な胸の内を明かしています。

山口智充さんは、「芸能界に依存してないんですよ」とした上で、「芸能界でずっとやってくねん」じゃなくて、「山口智充って人をエンジョイするには芸能界。楽しいからここまでやらしてもらってる」と語っています。

山口智充さんは、インスタやツイッターなどのSNSは、2022年時点だとやっていないようです。

YouTubeチャンネルをお持ちですが、2022年時点だとリニューアル中のようです。そのため、視聴可能な動画はありません。

今回は、ぐっさんがテレビに出ないと言われる理由や、ダウンタウンや相方との確執について調査しました。

ぐっさんは、テレビ出演が減りましたが、持ち前のラクターで現在も活躍されているのですね。

またテレビでたくさん見られる日を、楽しみにしています。

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました