新庄剛志の名言まとめ!努力は一生・本番は一回・チャンスは一瞬!

スポーツ
この記事は約8分で読めます。

BIGBOSS新庄剛志監督が発信する言葉が世間を賑やかにしてますね。

今回は、新庄剛志さんの現役時代や監督になられてからの名言について集めてみました。

Sponsored Link
 

BIGBOSS新庄剛志の監督就任後の名言

まずは、BIGBOSS新庄監督の名言からみていきましょう。

努力をしてない人間ほど、すぐ人のせいにし、不貞腐れ自分から逃げる

弱い犬ほど良く吠えるって言うけど、怯えてなにもしないよりかはまし

プロ野球の存在意義は、その街の人々の暮らしが少し彩られたり、単調な生活がちょっとだけ豊かになることに他ならない。その裏側に誰を笑顔にするのかを常に心に秘めて 新庄剛志らしく突き進んで生きます!

2004年に起きたプロ野球再編問題の渦中でも出てきた言葉であり、当時は「ある球団が中心で物事を進ませるセ・リーグにはない、野球くささをパリーグは持っている」とも語っていました。

地味な努力こそ派手になれる、派手になれば周りが見えだす、周りが見えだせば大人になれる、でも心は少年で生き続けたい

オーラが大きくなりすぎてオーロラになっちゃった

優勝なんか一切目指しません

優勝という高い目標を持ちすぎると選手はうまくいかないと思っているそうです。

毎日の勝利の積み重ねで、最終的に優勝を目指そうという形が理想の様ですね。

僕が若い時 ヒーローインタビューで (お客さん)が沢山来てくれたので嬉しいかったと発言した時。
ある少女が僕に「(お客)じゃない。新庄選手を見たくて来たんだよ」涙を溜めながら言われた 。
お客さんじゃなく、ファンなんだ。その日からお客さんと言った事は1度もありません。
教えてくれて有難う

努力は一生、本番は一回、チャンスは一瞬

「俺は努力を一生続けているし、一回きりの本番で巡ってきた一瞬のチャンスをこれまでずっとものにしてきたから」。チャンスをものにできたのは、努力をし続けたからと話しています。

これからは顔を変えずにチームを変えようと思います

新庄監督とか僕いらないですね。監督っぽいじゃないですか。ビッグボスでお願いします

これからは僕が監督像というものを変えていきます。
僕がやることに対して全国のみんなが僕の監督像というものを作ってくれると思うので、それを期待したいですね

夢はでっかく根が深く。
土台をしっかり作って夢に向かって突き進みたいなという今の僕のイメージですね

これからはセ・リーグでもメジャーでもないパ・リーグでもない、新庄剛志です

世界一の球団、世界一のチームにしたいですね。でっかい目標として置いておきたい。そのためには全国のファンの力っていうものはものすごく大事であって。北海道が日本ハムと一緒に生活をしていけたら最高だと僕は思ってるんで。一人ひとりの笑顔を少しずつ増やしていけたらうれしいですね

来年シーズンが始まり、僕と一緒に戦って行く選手全員を1回はあの大歓声の1軍のグランドに立たせる事をここで約束します。
その一瞬のチャンスを物にした選手こそ、スターに育て上げる第一歩となります

行動に移すのは俺は好きだし、行動に移しての後悔より、行動に移さなかった後悔の方が大きいと思う。一歩前に出てくる子は好き

めっちゃ速くね?俺、現役の時、打てないと思う。はやっ!

ちょっとデブじゃね?ちょっと、やせない?昔の方がスリムじゃなかった?
やせた方がモテるよ。格好いいよ

コーチにも言ったんですけど、選手がノックを受けた後は、選手にはグラウンド整備をさせないでくれと。僕たちがやればいい。
僕たちが心を込めてイレギュラーしないようにしてあげるためにやっただけであって

新庄剛志の現役時代の名言

続いて、新庄剛志さんの現役時代の名言です。

阪神タイガース時代

自分で言うのもなんだけど結構人気者です

17歳のときの阪神タイガースの入団会見にて。

長嶋って誰?

1994年秋季キャンプで山内一弘コーチの「チャンスに強く、常にファンを喜ばせる だけの華がある。勝負強く楽しませる選手になれ。王貞治ではなく、長嶋茂雄を目指せ」に対しての発言。

ユニフォームを着ている姿を見せるのがオヤジへの一番の薬だと思ったんです。自分の人生どうこうじゃなく、命にはかえられませんから

引退撤回時の発言で、「騒動を気に病んだ父が病に伏した」という連絡があったため、野球が大好きな父のために現役の道を選んだそうです。

ジーンズが似合わなくなるのが嫌だから、下半身は鍛えたくない

「ウエイトトレーニングをしないのか?」の質問を受けて答えたもので、新庄剛志さんはファッション性を重視していました。下半身が太くて野球が下手な人も多いので、それならスタイルが良くて野球がうまい方が良いと考えていたそうです。

明日も勝つ!

1996年の試合終了後のヒーローインタビューで。

僕は外野の監督だと思ってやってます

1999年のゴールデングラブ賞受賞時にて。

大リーグ時代

やっと自分に合った環境を見付かりました。その球団は、ニューヨーク・メッツです

ニューヨークの裏通りを歩いてみたかったから

メジャー挑戦の理由を聞かれて。

僕がメジャーで通用すれば、誰でもこれると思うので、門を開けてあげたいですね

当時は、大リーグで日本人の野手が活躍するわけがないという風潮があり、それを受けての発言でした。

記録はイチローくんにまかせて、記憶は僕にまかせて!

もう俺、エーペだから

2002年、記者から「エーペって何ですか」と聞かれると、「英語ペラペラのことだよ。三重じゃ有名!」と笑って答えています。

あれってミアミ?

メジャー在籍時の遠征中、道路標識に「MIAMI」(マイアミ)と書かれていたのを見て新庄剛志さんは通訳に尋ねました。

通訳は「あれはマイアミ」と答えましたが、新庄剛志さんは「でも普通に考えたらミアミか、マイアマイじゃん」と譲らなかったというエピソードがあります。

今年で日本に帰る。帰ってムービースターになる

2003年ある試合で、新庄剛志さんが一塁に出塁すると、元同僚のJ.T.スノーさんから「来季はどうするんだ」と質問され、本人は「まだ分からない」のあとに切り返した発言(会話は全て英語)。

北海道日本ハムファイターズ時代

ハムの人になります!背番号は1!

北海道日本ハムファイターズの入団発表前日に。

なまら北海道だべさ!

入団会見でのあいさつで。後にこの「なまら」は方言ブームの中心として一般に知れ渡ることになります。

メジャーリーグでは英語ばかりで、これでやっと日本語で話ができると思ったら、監督が外国人だった

現役選手には居所はあるが、1番辛いのは、裏方さん(ブルペン捕手、バッティングピッチャーも含めたチームスタッフ)。チームあっての裏方さんだから

MVPは僕のものです!

2004年のオールスターゲーム直前の本拠地最終戦でのヒーローインタビューにて、オールスター出場への意気込みを振られて。

本当に獲れるとは・・・思ってました!

2004年のオールスターゲーム第2戦で、史上初の単独ホームスチールを決めました。

打者が空振りし、キャッチャーがピッチャーに返球したその瞬間、三塁からホームに全力疾走という伝説の走塁でMVPを獲得したヒーローインタビューにて。

今日のヒーローは僕じゃありません、みんなです!

右キンタマ打法!大当たり~♪

札幌ドームのロッカールームは携帯電話の電波が悪いから悩んでいたが、今度アンテナを付けてくれることになったので残留した

2005年11月にファイターズ残留を発表した記者会見の場にて。

今年のオレのゴールデングラブ賞はおかしい。
1年間この賞を心の中で目指して取り組んでいた選手に申し訳ない。
来年からは、印象ではなく数字で選んで欲しい。
そうでないとこの素晴らしい賞の価値がなくなってしまう

2005年は負傷の影響から106試合の出場に留まり、シーズンを通して働けず、守備も本人の納得のいくものではありませんでした。そのため、受賞に関して疑問を投げかけました。

今日の試合はお前の人生で無茶苦茶大事だから、死ぬ気で打席に立て!
このチャンスを逃したら二軍に落ちてクビ

ヒルマン監督に自分の代わりに森本稀哲さんを先発で使って欲しいと進言し確約を得て、森本稀哲さんにこのように発破をかけました。

ええ・・・今日、ヒーローインタビューという最高の舞台で報告したいことがあります。タイガースで11年、アメリカで3年、日本ハムで3年・・・。今シーズン限りでユニフォームを脱ぐことを決めました

2006年4月18日のバッファローズ戦でのヒーローインタビューにて。

今日、この日、この瞬間を心のアルバムに刻んで、これからも俺らしくいくばいっ!

引退セレモニーでユニフォームの下に着ていたシャツの背中に書かれていたファンへのメッセージです。

俺、毎日が日本シリーズなら4割打てるわ~

日本シリーズ中の発言。レギュラーシーズンでは、観客の数が増えるほど打率がアップしており、札幌ドームで観客が4万人超えた日の打率は4割だったそうです。

北海道で種を蒔き、フロント、監督、コーチ、選手で毎日、一生懸命水を与え・・・やっと3年目にして花が咲かせることができれたんじゃないかな、と。その花の色はとても美しくて、逞しい金の・・・金色の花が咲けたことに、凄く・・・嬉しく思ってます

日本シリーズ制覇後の引退会見での発言。

ファイターズでの3年間を自らの登場曲である福山雅治さんの「美しき花」の歌詞にかけて表現しています。

Sponsored Link
 

新庄剛志の名言まとめ

以上、各時代の新庄剛志さんの名言を集めてみましたが、やっぱり心に響きますね。

特に、監督に就任してからの言葉が心にグッと来ます。すべての言動が選手の気持ちを第一に考えているように感じます。

来シーズンの開幕が待ち遠しい限りです。

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました